886033191

【人生テーマ】占い師が教える、35歳までに必ずしなければならないこと【転職】

 
35歳って、転職・結婚・妊娠……
色んなことで区切りにされてない?
占星学的にはどうなの?

 

今日はこんなお悩みにフォーカス。

 

結論としては、

 

 
きみのこえ
超重要だよ。
太陽期の終わりと、
火星期のはじまり。

 

という感じ。

 

 

占星術には「年齢域」という考え方があって、

一生をかけて追い駆ける重要テーマは、

26~35歳の「太陽期」に

開発しなければならないといわれています。

 

 

太陽って、「星座占い」では「私は牡羊座」「僕は蠍座」ということ。

星座占いは誕生日で分けるでしょう?

あれは実は、太陽がどのサイン(星座)にあるかの早見表なのです。

 

今日はそんな、太陽についてのお話です。

 

 

スポンサーリンク

星座占いが「当たらない理由」

オレンジの輪切り

「星座占い」というのは、太陽を使った大衆的な簡易占いのこと。

 

例えば獅子座に太陽がある人たちは、

射手座木星が来てると一年以内に必ずトラインになるので、ラッキー。

みたいな感じの占い。

 

この説明文で、「当たらない理由」は十分お分かりいただけたでしょう。

そう、あまりにもざっくりしすぎなのですよ。

 

 

星座占いが「悪い」わけではない

集合写真
みんなにいきわたる占い

「ざっくりしすぎ」とはいえ、

雑誌とかで不特定多数に占いを提供するには、これしか方法がない。

 

実際このサイト【きみのこえが聴こえる。】でも、

不特定多数に占術を紹介するには、

【よくあるパターン】として、超一部分の要素を紹介するしかないのです。

 

 

本来は、月~冥王星を使うのが【星占い】

でも【星座占い】が、

その人の性格も年運も、全部太陽に負わせていることだけは知っておかないと

「占いは当てにならない」という結論になってしまうと思います。

 

本来占星術は、

月から冥王星までのたくさんの星と、アングルなどの感受点のすべてが、

分担して一人の人間を表現していると考えるもの。

 

 

星座占いがピンとこない人は、他の星座にご縁がある。

「獅子座で派手派手っていわれたけど、全然違うよ!」って人は、

Ascや他の星が別の星座にあって、そちらの方が強い可能性が高い。

あるいは25歳以下で、まだ太陽の年齢域を経験していないとかね。

 

 

スポンサーリンク

太陽が表すのは性格ではなく、人生を発展させる方向性。

麦わら帽子の女の子
  • 性格を表すのは、「月から冥王星までのたくさんの星と、アングルなどの感受点」
  • 感情や感覚、根底的なところを示すのは、「月」
  • 知性や技術、職業のバリエーション、コミュニケーションを示すのは「水星」
  • 趣味や嗜好、恋愛、たのしいことを示すのは「金星」
  • 太陽は、「人生を発展させる方向性」

 

 

年齢域という考え方

冒頭にも書きましたが、占星術には「年齢域」という考え方があります

その年齢においては、

その星のように生きる・その星のような人生になる、という技法。

  • 月は7歳まで。
  • 水星は15歳まで。
  • 金星は25歳まで。
  • そして太陽は、26~35歳まで。

「人生を発展させる方向性」が定まるのが、26~35歳ということね。

 

 

「当たる」というより、「そういうふうになっている」

獅子座に太陽がある人はやっぱりなんらか、自己表現をする。

そのために生まれて来ている。

 

後半の度数になると乙女座の影響が出て来て、他者の目を見るようになるので、

まあ色付けは多彩なんだけども。

 

それでも自己主張をするのです、獅子座というエネルギーは。

 

 

金星で時を止めてはいけない

花を摘む女の子

結構多いのです。明らかに金星期引きずってるな、という人。

本来【公の人格】も担う太陽の性格よりも、金星の特徴が全面に出ている人。

女性の場合、自分の太陽の資質を誰か周囲の男性に投げていることも多いです。

 

社会に打ち出す時期を見誤って、

「え、このまま80近くまで生きるの……?」と、ちょっと嫌気がさしてる。

 

なにをすればいいかわからない」という漠然とした不安を抱えている人です。

 

 

スポンサーリンク

35歳までに、「人生を発展させる方向性」を定めなくてはならない

決意表明

重ねて言いますが、太陽は、人生の発展を司る星です。

ボーッとしてたら開発されない。

 

太陽の年齢域である26~35歳までに、

「なにをしていくのか」、

ハッキリさせないといけないのです。

そして次の火星域で、それを社会にガンガン提示していく。

 

 

断言します。行動しない人は、後悔する。

遅くとも35歳までに、「人生を発展させる方向性」が定まらないと、

「え、このまま80近くまで生きるの……?」という不安が、

後年どんどん膨らみます。

 

怪我が少ない代わりに、

後悔の多い人生になってしまう。

 

 

やりたいことを見つけよう。
「やりたくないこと」を排除した残りでもいいから。

占い師をやっていると、

「なにをすればいいのかわからない」

「私はなにをすればいいんですか?」

というご相談に数多く接します。

 

 

行動しない人は、いつまでも葛藤している。

でも上記の人々はたいてい低迷期にいるのもあって、

何を提示されてもやる気になれません。

 

「寝てても食えるラクな仕事ない?」みたいな感じです。

 

 

寝てるだけじゃ人生が充実しないのも、
必ず後悔するのも、わかりきっている。

想像してみよう、「寝てても食えるラクな仕事」があったとして、

80過ぎまでそれで生きられるかい?

 

なんのために生まれたのか、いつまでもこのまま食えるわけじゃないと、

とんでもなく重い不安を抱くことになると、想像できないかい?

 

発展しましょうよ。
せっかく生まれて来たんだからね。

 

\ この記事がお気に召したらシェアしてね! /

https://kiminocoe.com/sunny 【占い師が教える、35歳までに必ずしなければならないこと|きみのこえが聴こえる。】

鑑定依頼受付中。
仕事、恋愛、結婚、子育て、留学&旅行……
男女を問わない様々な年代の方のお悩みが集約されるのが、占い師。
ですから、どんな年代のどんな方にも役立つ情報を発信できるのです。

>きみのこえに鑑定依頼

きみのこえに鑑定依頼

歴は15年以上、見た事例は数知れず。
お悩みはもちろん人それぞれなのですが、これだけ数を見ていると、
原因パターンがわかるようになります。
解決事例も多く知っているからこそ、
どういう方向性をとればいいのか、選択肢を提示できるのです。

ご縁がありますように。

CTR IMG