886033191

転職2日目で辞めた例・プログレスの新月の時の心理

 
仕事辞めたいけど、
転職してまだ半年も経ってないのに
そういうわけにはいかないよね。。。

ねえ、今まで見た中で、
「最速で仕事辞めた」人って、
何日で辞めたの?

 

 
きみのこえ
2日目
 
マジかよ

 

というわけで今日は、

転職を決めたのに、わずか2日で退職してしまった人の例です。

 

この記事でわかること

・「進運の新月」の時の心理状態の一例
・「すぐ辞めてしまった人」の心理状態の一例

 

 

>>>仕事特集に戻る

スポンサーリンク

木星回帰(ジュピターリターン)で仕事を辞めた。

25歳、木星回帰のタイミングで仕事を辞めて、

その3か月後に次の仕事が決まったけど、

2日目でやめてしまった、どうしよう、というご相談でした。

 

 

こういう時はまず、木星回帰図を見る。
次にプログレス・トランジット。

木星回帰図を見れば「趣味に全力です」みたいな感じ、

大運を見れば進行の新月手前でやる気のない時期

年運を見れば、これは「社会の洗礼を受ける」的な、結構厳しい感じでした。

 

資質や年運も考慮。

もともとるろうの傾向があるというか、

早い話「転職を繰り返しがち」な出生図の方だったのですが、

その年は対人関係に関する運がちょっと、、良くなかったのです。

 

 

どうしてすぐ辞めてしまうのか?

いくらなんでも、2日目で仕事を辞めてしまうというと、

よっぽどの問題があったように思えてしまいますよね。

 

実際、事業をしていらっしゃる方から、

雇った人がすぐ辞めてしまったが理由がわからない

という悩みを聞いたことがあります。

 

その原因は、もちろん場合によってさまざまですが、

ここでは上述のような、

大運年運共に芳しくない時期である若い人がなぜ辞めたのかをお話します。

 

プログレスの新月だとこのくらい悲観的になっちゃうこともあるのね、

とご参考にしていただければと思います。

 

 

転職1日目

張り切って仕事に臨んだのは良かったものの、

「思いのほか、職場の雰囲気が悪かった」といいます。

何となく邪魔にされているような感じがして、居心地が悪かったそうです。

 

私が思うにそれは、実際職場の人たちの態度も悪かったのでしょうが、

進行の新月手前で、クライアントさんにも覇気がなかったのだろうと思います。

 

40代ぐらいの女性社員に「長く務めてね~」と言われたそうなのですが、

クライアントさんには「どうせすぐやめるんだろ」としか聞こえなかったとか。

 

で、「人がすぐやめる職場なのか」と思ったら、

ハズレをつかんでしまった」という気持ちにとらわれてしまったみたいです。

 

 

実際、教育体制が整っていなかった模様。

1日目、ホチキスで冊子状にした簡単なマニュアルと仕事を渡されて、

ほとんど完全放置の状態。

 

オフィスは、パソコンのカタカタ音が聞えるばかりで、

私語が全くなく、電話が鳴るような部署でもなかったので、

立ち歩くにも気を使うような緊張感だったとか。

 

クライアントさんはすっかり気がめいってしまったそうです。

 

 

転職2日目

前日、できるだけの仕事はしたものの、

いいとも悪いとも言われないし、

クライアントさんは「本当にこれでいいのか?」感でいっぱいになっていました。

 

そして、その状態から抜け出そうと、

早めに出社して始業前に先輩に、

「あれでよかったんですかね?」というふうに質問したそうです。

答えは「いんじゃない?」程度のそっけないものだったとか。

 

クライアントさんはこのそっけなさに完全に心が折れて、

転職2日目という早さですが、

ここにいても時間の無駄だ」と思って辞めたそうです。

 

 

あわせてチェックしたいカテゴリ

>>>仕事 >>>就活・転職 >>>婚活

あわせて読みたい人気記事

モテ期はいつ到来するのか

凡ミス連発の原因

ネガティブを武器に

プログレスの新月の前後一年くらいは本当に、
先が見えない気持ちになる。

さて、「次の仕事が決まらない」というご相談を受けたのですが、

実際大運はサイクルの更新時期目前、

どちらかというとこれからさらに気力が下がってくる感じでした。

 

年運も微妙、

転職の時味方してくれていたと思われる木星のトランジットも、

すでに去った後だったのです。

 

とはいえ、仕事をしなければ生活が成り立たないのは確かなので、

少しでも可能性のある時期は全部あげて、

そのうえで「趣味を仕事にしては?」とご提案しました。

 

しかし、クライアントさんはかなり混乱していて、

「やっぱり辞めない方がよかったのでしょうか?」

「今から戻れませんでしょうか?」

「私はこの先ずっと、このような仕事運のない人生なんでしょうか?」

みたいな感じで、

「人生テーマ」という大きなくくりで長期的な方針を考えるには、

もう何年か時間が必要かな、という感じでした。

 

こないだ久々にお話して、ブログ掲載の許可をいただきました。

結局ご実家に戻って数年、ずーっと趣味をやっていたそうなのですが、

土星回帰のタイミングで就職した会社で今でも働き続けているそうな。

数年やってたら、仕事にできたと思うけどな、、、(;´・ω・)

 

 

人生は、長期的に考えよう。

「退職した方がいい」という直感はたいていの場合正しいですが、

実行するのなら具体的な生活方針が必要です。

 

「若いからすぐ次が見つかるだろ」というようなふわふわした気持ちで退職すると、

後でどうしようもなくなってしまう場合もあります。

 

とはいえ、こういったケースの場合は

どんなところに勤めても悲観的になりがちですし、

28年周期の暗めな時期がたまたま20代半ばに来ただけなので、

別に一度親元に戻って充電してもいいのではないかと思います。

 

重要なのは長期的な視点で「人生のテーマ」を考えていくことで、

自分を守ってくれる環境があるのなら、

上述したような混乱はとりあえず置いておいて、

人生のことを考えた方が有益なのです。

 

ご参考になれば幸い。

 

 

\  この記事がお気に召したらシェアしてね!  /

https://kiminocoe.com/ retired-day2【転職2日目で辞めた例・すぐ辞めてしまう人の心理|きみのこえが聴こえる。】

「月の象意」無料配布

西洋占星術の「月」が象徴するもの

ネイタル・ホロスコープ上での使い方

の解説書を無料配布中。

 

 

 

きみのこえ
鑑定受付中。
悩む時間を、考察で埋めよう。
仕事、恋愛、結婚、子育て、留学&旅行……
男女・年代を問わない様々な方の
お悩みが集約されるのが、占い師。

ですから、どんな年代のどんな方にも
役立つ情報を発信できるのです。

>きみのこえに鑑定依頼

きみのこえに鑑定依頼

歴は15年以上、見た事例は数知れず。
お悩みはもちろん人それぞれなのですが、これだけ数を見ていると、
原因パターンがわかるようになります。
解決事例も多く知っているからこそ、
どういう方向性をとればいいのか、選択肢を提示できるのです。

ご縁がありますように。

CTR IMG