886033191

親子の相性が悪い場合にできること

 
自分の子供と合わないって、
ありえる!?
私が親としてダメなの!?

今日はこんなお悩みにフォーカス。

 

結論から申し上げますと、

 
相性悪い親子なんて、
ザラにありますよ。
ご安心を。

 

親子でホロスコープに全く関連性はないということは

ありえないといって過言ではありませんが、

親子の相性が良くないということは、まったく珍しいことではありません。

 

  • 片親に似ていて、もう一方の親と合わない。
  • 両親と全く違う性質と思ったら、実は両親の中間点に太陽/月が。
  • 相性自体は悪くないのだが、月が傷ついていて母親に攻撃的

などなどいろいろなケースがあります。

 

この記事でわかること
①相性は変えられない
②通常は人間的成熟度でカバーする
③相性(資質・性格)ではなく運勢の問題である場合
④親子の相性が真逆の場合でも、上手に向き合う方法はある

 

 

>>>運勢特集

スポンサーリンク

【子供と合わない】
親子に限らず、相性は変えられない

>>>あわせて読みたい:子供の天才ポイントを見つけよう

恋愛占いなどでもよく聞かれるのですが、

「相性を変えられませんか?」というご質問。

 

これへの答えは、

「残念ながら無理です」

ということになってしまいます。

 

 

相性を変える=どちらかが「自分を殺す」ということ

なぜなら、根本的な資質の相性をみているわけですから、

これを変えたいということなら、

どちらかがものすごい無理をしないといけません。

自分が自分ではなくなるような性格を演じないといけないわけです。

 

 

「自分を殺す」=「生きている意味がわからない」心理状態になる

たとえそうして、ものすごく無理をして別人格を演じるとして、

24時間365日ずっと気を張っていられる人間などいませんから、

気を抜いた時に、地の性格は必ず出てきます。

ですから結局、相性の合わないところはそのまま受け止めるしかないのです。

 

 

あわせてチェックしたいカテゴリ

>>>夫婦 >>>子供の将来・子育て >>>仕事

あわせて読みたい人気記事

仲がいい夫婦の特徴

マザコン夫

引きこもり主婦

相性の悪さは、
通常は人間的成熟度でカバーする

>>>あわせて読みたい:人見知りの特徴と改善策

相性の合わないところはそのまま受け止めるしかないことがわかりましたね。

では、相性の合わない人とはかかわらないで生きていくしかないのか?

といえば、

もちろんそんなことはありません

 

世の中にはいろんな人がいて当たり前で、

むしろ相性の合う人の方が珍しいのです。

 

そして、相性が悪い人とどうやって一緒に生きていくかといえば、

それは常識的に、相手を思いやるとか、迷惑をかけないようにするとかいう

当たり前のマナーでカバーしていくことになります。

 

 

マナーで埋め合わせ=資質の平均化

例えば、自己中心的な人はどこにでもいますけれど、

自分の気に入らないことがあると床に寝そべってしまうような人は

まあ基本いませんよね(笑)

 

そのように、社会の中ではある程度、

だれでもある程度自分の素質を平均化して生きています。

 

たまに、それができていない幼稚な人もいますが、

相性の悪さは基本的に、この平均化、人間の成熟度でカバーすることになります。

 

 

親子の相性だと、
「社会」ではなく「家庭」内の問題である分、
調整が難しい

しかし、本記事で取り上げるような親子の問題ですと、

私生活での問題ですから、この平均化が少し弱くなります。

性質そのままでぶつかってしまうことが多いわけですね。

 

 

子供はまだ、「社会のマナー」を知らない。

また、特に子供は社会経験がありませんから、

当たり前のマナーは教えてあげないといけません。

 

子供は成熟していなくて当然ですから、

まずは子供の個性を理解してあげて、

どういうふうに平均化してあげればいいのか大人が考えてあげる必要があります。

 

 

親子の相性が悪いと感じる場合、
相性(資質・性格)ではなく運勢の問題かも

>>>あわせて読みたい:初心者向けホロスコープ講座
  • 子供とぶつかってばかり
  • 子供が全くいうことをきかない、
  • 子供が甘えすぎる
  • 子供が反抗的すぎる
  • 子供が無気力すぎる

 

このような場合にそこそこ多いのが、

単純に子供のバイオリズムが下降期にある場合。

「漠然とした不安感」に戸惑った子供が極端な行動している、などです。

 

 

この場合、年齢域か28年周期のサイクルが
原因であることがほとんど。

だれにでも 28年周期の大運がありますが、

子供のうちにこのサイクルのつなぎ目を迎える人もいます。

 

これは、大人でもしんどいタイミングで、

実際にこれを投影されたお父さんとかお母さんが退職したりすることもあります。

 

>>>あわせて読みたい:「28年周期の大運」の詳細説明

関連記事

 運勢ってどうやってみればいい?  きみのこえまずは一番大きな流れを覚えましょう。 大運を理解して、長期的な人生計画を練ろう。 うまくいきやすい時期の中の、うまく[…]

開運/運勢の流れを読む 開運 運勢 読み方 手順 解説 占い 当たる 占い師 占い勉強 西洋占星術 占い師ブログ 大運 年運 バイオリズム 運の読み方 運に乗る

 

 

運勢の問題であるなら、一過性。
「子供と合わない」と決めつけるのはまだ早い。

これは一過性のもので、

新しいサイクルに入ってしばらくすると、自然に前向きな感じになってきます。

 

それまでは未来が全然見えないというか、

生きていることに疑問を覚えたりしてしまう感じで、わりと暗いです。

 

この時期に「どうしてそんなにやる気がないの」と怒鳴っても、

本人がかわいそうなだけなので、見守ってあげるのがいいかと思います。

 

 

親子の相性が真逆の場合でも、
上手に向き合う方法はある

>>>あわせて読みたい: 子供嫌いの人の考えがガラリと変わった3例

親子の相性が真逆である場合、

  • 「どうしてこういうふうにしないの?」
  • 「どうしてこう思わないの?」

と親はいらいらしますし、

 

子供は子供で、

指示されていることが全く無意味なばかばかしいことに感じたりして

ますますやる気をなくしてしまいがちです。

 

 

親子の相性が悪い具体的な例2つ

ちょっと例をあげてお話ししてみましょうか。

 

 

親が成果主義で、子供が「思い立ったが吉日」型

子供は好奇心が強くていろんなことに興味をいだき、やってみたがるのに、

親は本当に身になることだけを長く続けさせたいという性質で、

  • 「本当にできるの?」
  • 「最低でも3年続けないならやらせない」

という感じに、間口を狭くしてしまう。

 

で 子供が 、やりたいことがあってもいい出さないようになってしまう悪循環。

これは明らかに、「相性が悪い」ですよね。

 

 

子供が成果主義で親が「やってみないと分からない」型

もう一例、今度は逆の場合。

親は子どもに色々やらせたくて、

「これはどう?面白そうじゃない?」と一生懸命資料を探してプレゼンするのに、

子供は「それが将来の役に立つの?」みたいな感じで腰が重く、全然乗ってこない。

 

で、そんな無気力な人に一生懸命働きかけるのは疲れるので、

親も何も言わなくなって、

子供はそもそも自分からやりたいことを探すという意欲がないので何もしない

という悪循環

 

これもまた、「相性が悪い」例に入れられると思います。

 

 

親子の相性が悪い場合の改善策、具体例2つ

で、上述のように親子の資質が真逆で相性が良くない例でも、

上手に明るい未来へ向かっていくやり方はあります。

 

親が成果主義で、子供が「思い立ったが吉日」型

この場合はまず親が、

「習い事などが長続きしない場合、

この分野は向いていなかったという結果が資産として得られた

という考え方にシフトすることが大切です。

 

つまり、長期的な視点をもつことが重要なのです。

ネガティブは武器になる」という記事にも書きましたが、

短期的な見地での「完璧主義」とか「成果主義」は、

人生の発展性を台無しにします。

 

>>>あわせて読みたい:ネガティブは武器になる

関連記事

 ネガティブ、「negative」とは、ラテン語の「否定(negativus)」が語源なんだそうです。否定的、後ろ向き、消極的・・・なんか聞いてるだけで気がめいりそうですけれど、  きみのこえ[…]

都会 疾走感 孤独 ネガティブ ネガティブ思考 男性 後ろ姿 かっこいい フード

 

 

続けるよりも、試すことの方が重要な時期もある。

まだ10年くらいしか生きてないような子供に向かって

「3年続けろ」とかいっても、想像できるはずがありません。

 

別に一ヶ月でやめたっていいんです、

向いていないことがわかるというのは、今後の進路で必ず生きてきます。

 

 

親も「自分を殺す」ことのないようにする。

その代わり「なぜ向いていないのか」は究明しましょう。

「なぜ向いていないのか」という成果が得られれば、

やってみたい子供も成果主義の親もそこそこ満足できますし、

行動した分だけ人生の発展性が高まります。

 

 

子供が成果主義で親が「やってみないと分からない」型

この場合はわりと、現金な方法でうまくいくことが多いです。

例えば俳句とか、絵とか、作文とかの賞に応募する。

図書カードが出る賞とか、そういうのがいくらでもあります。

 

 

子供にわかりやすい「メリット」を用意する。

賞が取れたら具体的な実績として、
受験とかで役に立ちますよね。

学校の朝礼で表彰されるかもしれません。

今後、その分野で活躍する第一人者になれるかもしれませんよね。

 

また、賞が取れたら図書カードを現金と交換するとかいうのも、

本人をやる気にさせる一つの方法です。

 

これで、「それが将来の役に立つの?」という疑問には答えられます。

 

 

やる気を出させるのは少々大変かも

後は、成果が出ないとふてくされがちな傾向が出やすいと思うので、

それをコントロールするのがちょっと大変ですけれど。

それでも、行動した分だけ人生の発展性は高まるんです。

 

 

親子の相性が悪い場合・まとめ

>>>あわせて読みたい:相性占いのやり方

今回は、小学生くらいのお子さんがいる親御さんに向けて書きましたが、

年齢が上がっても、この記事に書いてあることは全く変わりません。

 

相性が悪い親子はいくらでもいますし、

通常は人間的な成熟度に従っていい関係にしていきますし、

上手に接する方法も、考えてみれば見つけられると思います。

 

一番良くないことは、不満があるのに何もしないこと。

何か働きかけてみましょう。一度ですべてを何とかしないようにね。

 

\ この記事がお気に召したらシェアしてね! /

https://kiminocoe.com/parent-child-badcompatibility【占い師が教える、親子の相性が悪い場合と対処法例2つ|きみのこえが聴こえる。】

鑑定依頼受付中。
仕事、恋愛、結婚、子育て、留学&旅行……
男女を問わない様々な年代の方のお悩みが集約されるのが、占い師。
ですから、どんな年代のどんな方にも役立つ情報を発信できるのです。

>きみのこえに鑑定依頼

きみのこえに鑑定依頼

歴は15年以上、見た事例は数知れず。
お悩みはもちろん人それぞれなのですが、これだけ数を見ていると、
原因パターンがわかるようになります。
解決事例も多く知っているからこそ、
どういう方向性をとればいいのか、選択肢を提示できるのです。

ご縁がありますように。

CTR IMG