886033191

占いの有効期限はいつまで? 種類によって違います!

 

結論から言おう。

  • 卜占術=~3ヶ月。長くても半年
  • 命術 =いつまででも

以上です。

・・って、これでは記事にならないので、ちょっと自分の話をしようかな、と思う。

よかったら聞いていってね。

 

 

スポンサーリンク

きみのこえは、卜占派だった。

5年前くらいまでわたしは、

「命術は使う場面を選ぶべき。基本は卜術」という信念を持っていました。

 

なぜか?

命術の占い結果は努力で覆せる気がしないからです

 

 

卜占術なら、クライアントに「呪い」を言わなくて済む

・・・と、思っていたのです。

卜術だったらね、占う期間を決めて、一ヶ月なら一ヶ月ぶんだけの結果でしょ。

一ヶ月ぶんの結果が最悪と思っても、それ以降のことはまだわからない

 

タロットはかなり的確な助言をくれるので、

状況の改善ができないとしても、状況の整理と確認をして、

気分転換や上手な休息ができれば、暮らしの快適さはずいぶん違う。

 

それをさー、占いに行って、

「後一年半はこのまま。その後14年くらいは低迷気味」とかって言われたら、どうよ?

来る前よりキツイ気持ちになって帰らなきゃだよ、そんなの……

 

 

スポンサーリンク

クライアントは基本的に、大運が落ちている人

占いに来る人というのは、悩んでいるのですよね。

悩んでいるから占いに来るのです。

絶好調の人より絶不調の人が圧倒的に多いんです。

 

「後一年半は停滞」って言われたら、ずーっとそれが耳に残っちゃう。

凄いストレスだよね、これ。これを引きずって、その人は一年半生きなくちゃいけない。

そんなのは知らん方がマシ! と、きみのこえは思っていたんです。

 

運命があるとして、でも人間は、

どうなるかわからない明日を

毎日新しい気持ちで生きないと駄目でしょ!

「どうせ駄目なんでしょ」とか思いながら生きちゃ駄目なんですよ。

 

 

スポンサーリンク

きっかけは、婚活&妊活のご依頼だった

ここ数年導かれるように、婚活・妊活のご相談が多くなりました

色々なケースを、見ることになりました。

その中で、大きな流れ・生命力のサイクルがどれほど重要か、思い知らされたのです。

まさに、「見せて頂いている」という感覚でした。

 

 

「一年半の停滞」は、本当に「呪い」か?

さっき、

卜術だったら占う期間を決めて、一ヶ月なら一ヶ月ぶんだけの占断を出せる」と言いました。

その先のことはわからないから、未来に希望を持っていられると……

 

想像してみてください。

それで、

  • 「先のことはわからないんだし……」
  • 「半年後には、笑い話になってるかもだし……」
  • 「子供ができれば変わってくれる……」

などと言いながら、

毎月のようにカードを展開して、毎度毎度「悪魔」や「死神」とこんにちはすることを……

 

冗談でも手品でもなくて、本当に毎回同じような結果なのですよ

対策の位置に死神が出続けるみたいな

 

 

必ずしも葛藤が「時間の無駄!」ってことではないんです。

すべての経験は、未来のためになるからです。

というかそもそもクライアントが、
現状打破を嫌がっていることが多いのです。

葛藤して占いに来るわけですからね。

 

でも、結婚・妊娠・転職が、歳とるほど難しくなるのは明らかなこと。

せめて2~3年のスパンで大運を見ながら、

抜け出せそうな時期を探し出して、
手を離さなくちゃならない。

 

 

スポンサーリンク

停滞の後には、突破的な変動がある。

「一年半の停滞」は、言い換えれば、「転換点に注ぐエネルギーの補充期間」です。

エネルギーを十分に養って、転換点で打ち出すのが、「運に乗る」ということ。

果たして「一年半の停滞」を知らずに済ませようとすることが、本当に正しいことなのか?

つらい一年半にはなりそうだけど、28年に一度の転換点に備えるのが、最もクライアントのためになるはずじゃないか?

 

こうしてきみのこえは、長期的な視点で見る癖をつけていきました。

そして現在では、「基本は命術。卜術は補助的に」という風に、方針を変えているのです。というかコレが、占いのスタンダードなんだけどね(汗)

たった1人で不妊治療と闘う女の子も、
年々焦りにむしばまれて泣いている女の子も、
もう見たくないのですよ。

 

長いスパンで「悪い」結果を言われたら、そりゃ落ち込まれると思います。

でも、言うことにしています。必ず、転換点と合わせて伝えます。

見ようによってはそれが最大最後の、準備期間なんです。

 

 

 

\ この記事がお気に召したらシェアしてね! /

https://kiminocoe.com/expiration 【占いの有効期限はいつまで? 種類によって違います!|きみのこえが聴こえる。】
鑑定依頼受付中。
仕事、恋愛、結婚、子育て、留学&旅行……
男女を問わない様々な年代の方のお悩みが集約されるのが、占い師。
ですから、どんな年代のどんな方にも役立つ情報を発信できるのです。

>きみのこえに鑑定依頼

きみのこえに鑑定依頼

歴は15年以上、見た事例は数知れず。
お悩みはもちろん人それぞれなのですが、これだけ数を見ていると、
原因パターンがわかるようになります。
解決事例も多く知っているからこそ、
どういう方向性をとればいいのか、選択肢を提示できるのです。

ご縁がありますように。

CTR IMG