886033191

【33歳婚活女性】仕事か結婚か、どっちかしか選べない【体験談/占い実例】

 
結婚するなら
キャリアを捨てなきゃならない…

キャリアを守るなら
結婚をあきらめなきゃならない…

 

今日はこんなお悩みにフォーカス。

 

キャリアか結婚か、どっちかしか選べないなんておかしい!

そう思ってしまいますが、現実にはあり得ること。

 

 
きみのこえ
どうしたって、
一日は24時間しかない。

 

この記事を読めば、この悩みを持つ人がどうしたのか、一例がわかります。

33歳にして「出世コース」にのることとなった女性のお話です。

 

 

>>>体験談特集に戻る

スポンサーリンク

転勤したら、結婚タイミングを逃してしまう

  • 当時33歳
  • 女性
  • 未婚
  • 彼氏なし
  • 婚活歴1年

30歳の時、当時29歳だった彼氏と破局サターンリターンですね)

その傷をいやすのにしばらくかかったものの、

前向きに婚活を始めた矢先の出来事でした。

 

 

思いもよらなかった出世のチャンス

それまで転勤なしの総合職として働いていたのですが、

転勤ありの「出世コース」の部署に異動を打診されたのです。

そして異動する場合、早速 海外 への転勤が待っているというおまけつき。

 

 

結婚相手が決まりそうなタイミングでもあった、、

彼女には彼氏はいなかったけれど、

婚活で同時進行している、結婚相手になり得る人が二人いました。

 

デートも5~6回重ねて、

そろそろどちらかに決めないといけないという段階だったのです。

 

転勤するなら、どちらも諦めなければなりません

 

 

スポンサーリンク

異動も転勤も、ほぼ決定事項

「打診」とは書きましたが、

どこの企業もそうであるように、異動も転勤もほとんど決定のことです。

 

 

仕事一筋の人生になりそうなことは想像できる

しかも出世コースの部署ですから、その忙しさは今までの2倍3倍

先輩たちの状況を見ていても、婚活どころか、

友人と飲む時間すらほとんど取れないと予想できたのです。

 

彼女は仕事自体は夢をかなえる形でなった職業なので、

栄転は大歓迎でしたし、とてもうれしかったそうです。

 

でも同じぐらい、結婚して子供が欲しい

33歳という年齢が彼女を焦らせていました。

 

 

親は結婚してほしいし、孫の顔が見たい

こういうケースだと結局、だれに相談してもすっきりと結論は出せません

 

仕事と家庭という二極で考えたとき、

仕事の方が重要だと思う人は異動を受けろと言いますし、

結婚して子供を産む方が重要だと思う人はそうしろと言います。

 

 

誰でも、自分の思い通りにしようとする。

特に彼女の両親が異動の辞退を進めるのは、まあ当たり前みたいなもんですよね。

 

両親は娘に遠いところへ行ってほしくないし、

ウエディングドレス姿を見せてほしいし、孫の顔も見たい、というわけです。

 

時間もあまりなく、彼女は第3者の意見を聞くのに、占いという手段も取りました。

で、お受けしたのがワタクシきみのこえ。

 

 

スポンサーリンク

社会運の上昇期は、結婚運の上昇期でもある

ホロスコープを拝見したところ、

それはそれは見事な社会進出の相でした。

 

進行の月とトランジットの土星がちょうど大運のピークを越えたところで、

おまけに木星MC付近に輝いていたのです。

 

 

ピークを「越えたところ」だった・・・

しかし木星はその時点ですでに一度MCを通りすぎた後

その時は逆行を終えて、2度目のピークに至るところでした。

 

ピークに到達するまで、わずか2週間

 

その次にMCにめぐって来る時は、およそ12年後です。

 

進行の月とトランジットの土星に至っては、

次にピークを迎えるのはおよそ 28年後です。

 

 

実際ご本人は、「結婚しない」方向で動いていた

彼女はすでに異動を受け、引っ越しの準備も始めていました。

そこまで来ていてなお、

今いる場所や結婚相手になるかもしれない人たちに未練があったのです。

 

時期的なことをみると、

まさに異動を打診された時期が、社会運のピークでした。

 

 

結婚も妊娠も出世も基本、「社会運」

社会運というのは、結婚や出産も含めた、社会的立場の変容のこと。

結婚でも出産でも、出世の相とさほど変わりはないのです。

 

結婚や出産をしたら、戸籍の身分が変わりますよね。

妻や夫、母や父になります。

社会的立場が大きく変わっているわけです。

 

 

明らかに「結婚>仕事」という意思があった

本来ならこのピークを目指して婚活するべきでした。

 

ても彼女は仕事に打ち込んでいた。

彼氏と別れた時のディレクションを見ると、

何だか仕事に打ち込むために別れたような相にも見えました

もともと10ハウスと6ハウスが非常に強い方だったのです。

 

すでに時期は過ぎてしまっているため、

アドバイスらしいアドバイスはできませんでした。

 

 

スポンサーリンク

リロケーションチャートで未来を読む

海外旅行 開運 パワースポット リロケーション
>>>関連記事:リロケーションとは

転勤先は海外で、リロケーションチャートを作ってみると、

10ハウスと6ハウスでガチガチのキャリアウーマンっぽかったホロスコープが

今度 9ハウスと 5ハウスがきいた、楽しそうな感じになることがわかりました。

 

 

葛藤はあっても、無意識にもう決めていた。

それでも直近の年運は結構ハードで、

今後ともあんまり恋愛や結婚に打ち込んでいく様子は見えませんでしたが、

 

彼女が内心では迷いながらも、

上司にはそれを見せずに二つ返事で異動を了承し、

両親を含むだれに説得されても引っ越しの準備を進めている、

それ自体が答えなのですよね。

後は心が付いてくるだけというか

 

こういう方なので、結婚しても子供ができても仕事は最優先事項となるのです。

 

 

人生は、色々。結婚しない選択肢もある

わたしは、そういう人生もありだと思います。

どちらかというとこういうホロスコープに生まれてきたのに、

両親などに縛られて、自己実現を抑圧される方が毒なのです。

 

調子のいい時はよくても、運勢が翳って来た時、

自分は何のために生きているのだろう?

とむなしくなってしまうからです。

 

「結婚できないホロスコープ」なんて存在しないけど、

たぶん彼女は今後も独身を通されるんじゃないかな。

 

彼女を含めたすべての人が、

「常識」に惑わされることなく自己実現できることを願っています。

 

\ この記事がお気に召したらシェアしてね! /

https://kiminocoe.com/career- marriage【仕事か結婚か、どっちかしか選べない|きみのこえが聴こえる。】

鑑定依頼受付中。
仕事、恋愛、結婚、子育て、留学&旅行……
男女を問わない様々な年代の方のお悩みが集約されるのが、占い師。
ですから、どんな年代のどんな方にも役立つ情報を発信できるのです。

>きみのこえに鑑定依頼

きみのこえに鑑定依頼

歴は15年以上、見た事例は数知れず。
お悩みはもちろん人それぞれなのですが、これだけ数を見ていると、
原因パターンがわかるようになります。
解決事例も多く知っているからこそ、
どういう方向性をとればいいのか、選択肢を提示できるのです。

ご縁がありますように。

CTR IMG